島根の道を走ります

島根の道を走るおじさんのサイクリング記 鳥取も走ります

国道261号 江津から中三坂トンネルまで 2018/03/24

国道走るのも石見地方に入ってきた。江津から広島に抜ける国道261号と浜田から広島に抜ける国道186号を走りに行く。
当初、初日は国道261号を広島に抜け北広島町で一泊、翌日に西進んで広島の細見から国道186号に入り浜田まで下る予定を立てた。ところが北広島町で泊まれない。予約できたのは邑南町市木のペンションマー坊、瑞穂ハイランドスキー場の近くだった。なのでコース変更し、初日は江津から広島県境の中三坂トンネルまで走り、戻って上田所から県道50号で市木のマー坊まで。翌日は県道5号を西に進み、小国から国道186号を走ることにした。
快速アクティで江津まで輪行、3週続けてアクティで輪行してる。車中で輪行してるサイクリストが1人いた。

f:id:atsushikame:20180327193112j:plain

ここからスタート
江津駅から大田方面に少し戻って国道261号に入る。いつもの旧い国道だ。江の川に沿って東に向かう。追い風でペダルくるくるまわる。“サイクリングするかめ”を自称するおじさんとしてはちょっとペースが速い。途中見るとこなく道の駅インフォメーションセンターかわもとに。追い風のおかげで思ったより早く着いた。ここで休憩。
この道の駅かわもと、駐車場はほぼ満車で地元の人が多いみたい。おみやげ類をはじめ、野菜、花、加工食品、魚などいろんなものを売ってる。隅ではおばあちゃんが糸紡いでる。地域のコミュニティセンターなんだろうか。
川本からは徐々に上って行く。断魚渓へ、国道のトンネル手前から脇道に入る。すぐきつい上りになり、上りきると駐車場。でも遊歩道が落石のため通行止め。そのせいか誰もいない。渓流は道からずっと下で上から眺めるだけ。水量が多いので、遊歩道を散策すれば迫力あるかも。

f:id:atsushikame:20180327193225j:plain

断魚渓を望む
断魚渓からは中山間地ののんびりした景色。緩やかな上り、車が少なく追い風で気持ちよく走る。峠越えて道の駅瑞穂に。ここもかわもと同様賑わっている。いろんなものが売られていて買い物する人が多い。
瑞穂ハンザケ自然館見学。ハンザケ(おおさんしょううお)を中心とした展示施設。幼年から生後2年、4年、成体まで展示されていた。成体は水槽の隠れ家から大きな顔を出していた。かわいい。

f:id:atsushikame:20180327193331j:plain

ハンザケかわいい
国道261号はダラダラと上って中三坂トンネルへ、ここで終了。広島側までトンネル走って、戻りは脇の道で峠越えしようと閉鎖されたチェン越えて行くもその先の柵で止められた。

f:id:atsushikame:20180327193515j:plain

中三坂トンネル
トンネルから下り上田所のバス停で休憩。県道50号で市木へ。峠まで緩やかな上り、疲れた体にやさしい。日陰にはまだ除雪した雪が残ってる。峠から市木まで一気に下る。こちら側は勾配がきつい。下りきったら今日の宿マー坊に着いた。
時間あったので瑞穂ハイランドまで行ってみる。宿から2.5キロ、きつい上り、こなきゃよかったと半分後悔しながら上る。島根のスキー場初めて来た。来週で今シーズンの営業は終了だそう。本日80キロ、獲得標高1000m。

f:id:atsushikame:20180327193643j:plain

瑞穂ハイランド、自転車は場違い
江津スタートが10時と遅く、距離も75Kあったので時間の余裕がない1日になるかと危惧したが、追い風と緩い坂に助けられて予定より早く宿に着いた。車も少なく、気楽に走れたけどちょっと寒かったな。