島根の道を走ります 輪行でどこへでも

島根と鳥取をメインに中国地方を走るおじさんのサイクリング記 輪行が大好き

行き止まりの港 2020/05/24

「行き止まりの港」と勝手に言ってる港がある。「行き止まりの港」に行く道は一本しかなく、その港からは海岸線沿いに道がなく、隣りの港に行くには来た道を戻るしかない港である。美保関の「行き止まりの港」に行ってみた。

東松江から八束町大根島)を経て国道431号、県道2号で美保関に向かう。

f:id:atsushikame:20200527172044j:plain

三保湾から望む大山
五本松海岸を左折して細い道を上る。これが容赦ない上りだ、短いが一気に100m近く上るので勾配がきつい。上りの途中に分岐があり右に下ると才港だ。

f:id:atsushikame:20200527172131j:plain

才港と軽尾の分岐 下り勾配の感じがわかる

才港、手前が才浦集落で思ったより民家が多い。道端でおばあちゃんたちが井戸端会議中。才港の堤防から見る日本海は穏やか、初夏の日本海は本当に美しい。

f:id:atsushikame:20200527172216j:plain

才港の堤防から見る日本海
港で小さい男の子とお母さんが遊んでいた。男の子が自転車に興味があるというのでLEVELの説明する。これが変速機、これが水の入ったボトル、これは工具ボトル、これは空気入れ云々。小さい子におじさんは嬉々として説明する。

下ってきた道を分岐まで上り返し、さらに上って七類との分岐を右に下ると軽尾港、カルビと読む。

f:id:atsushikame:20200527172255j:plain

軽尾への分岐 
集落には民宿が何件かあるみたいだけど営業しているのだろうか。堤防に囲まれた港は穏やかで堤防越しに日本海が見える。

f:id:atsushikame:20200527172334j:plain

軽尾港

またまた下った道を上り返して分岐から七類に向かう。この道は新しくできた林道で雲津港に行く県道181号につながる。雲津港も堤防に囲まれた穏やかな港だ。

f:id:atsushikame:20200527172413j:plain

雲津港

県道181号を林道まで戻って西に向かう。島根半島の尾根を走る林道からは日本海が望める。

f:id:atsushikame:20200527172448j:plain

林道から望む日本海
アップダウンを繰り返して諸喰港、林道に戻ってさらに進むと法田港。法田港からは海岸線沿いに林道が七類までつながっているので法田港は「行き止まりの港」ではない。

f:id:atsushikame:20200527172522j:plain

諸喰港 もろくいと読む

才港、軽尾港、雲津港、諸喰港の「行き止まりの港」は堤防に囲まれてるのはちょっと残念だけど、ここから先へは船でしか行けないという行き止まり感がいい。砂浜がないので海水浴には不向きだけど磯遊びは楽しいだろうな。七類からは国道485号で来たコース戻る。本日95kなり。

「行き止まりの港」には行くぞと決めないとなかなか行けない。いったところで名所があるわけじゃなく、お店もなく、堤防に囲まれた港があるだけだけどあまり人が行かないところに行くのもサイクリングの楽しみだ。今日は緊急事態宣言が解除され好天に恵まれた。中海にも日本海にもそこかしこに釣り人が、そしてたくさんのサイクリストとすれ違った。なんか1年分のサイクリストとすれ違った感じがする、みんなサイクリングしたかったんだ。

レベルタイヤ交換とハブグリスアップ 2020/4/15

レベルのタイヤ交換する。2年使ったらコンパウンドが減ってなくても交換している。まだまだ走れると思って使っているとタイヤバーストなんて悲しい出来事に遭遇したりするので早めに交換するにこしたことはない。

これまではピレリを使っていた。ピレリはこれまで使ったクリンチャーの中で一番ソフトな乗り心地だったけど、空気圧が低いと下りでぐにゃりとする感じがあった。

新しいタイヤはコンチネンタルGP5000。コンチネンタルはかたくてホイールにはめ難い印象があったけど、柔らかくなったのかビートを落とすとすんなり入った。コンパウンドもGP4000に比べてソフトな印象だ。どんな乗り味なんだろうか。

タイヤ交換に合わせてハブのグリスアップする。リアハブがちょっとゴリゴリする感じがしたのでフロントも同時にすることに。

これでホイールのメンテはばっちりだ。

チェリーロード 2020/4/7

自宅⇒(国道9号、県道191号)⇒東松江⇒(県道260号)⇒本庄⇒(国道485号、県道152,37号)⇒北浦⇒野波⇒チェリーロード⇒加賀⇒(県道21号)⇒西川津⇒東松江⇒自宅 70k獲得標高740m

島根半島の野波から加賀につながるチェリーロード、ニュースで満開の桜を放送していたので行ってみることに。

東松江から中海大橋を渡り中海沿いに本庄へ、道の駅本庄で休憩。今日は天気いいが西風がやや強い。島根半島を越えて北浦に。もう海の色は夏の準備をしている。

f:id:atsushikame:20200416141812j:plain

北浦の海は夏の準備してる

北浦からは海岸沿いのいつものアップダウンの道を野波に向かう。上りと向かい風がちょっと辛い。千酌、笠浦と過ぎて野波のバス停で休憩。

野波からチェリーロードに入る。もう入口から桜は満開、道路わきに咲いてるチューリップがきれいだ。

f:id:atsushikame:20200416141857j:plain

チェリーロードの入り口
平日だけどそこそこ車が走っている。桜は満開を少し過ぎて風に花びらが舞う。道路わきには桜のピンクのラインが。

f:id:atsushikame:20200416141947j:plain

こんな感じで桜のトンネルが続く

展望台の桜越しに見る日本海、桜の桃色と海の青さのコントラストがきれいだ。海の青さも空の青さも初夏の青さには少し足りないけど淡い桃色の桜とよくあっている。

f:id:atsushikame:20200416142040j:plain

桜の桃色と日本海の青のコントラストが美しい

桜のシーズンにチェリーロード走ったのは初めてだけど、さすがに新日本街路樹百景に選ばれただけある。もっとも初夏の青葉繁るチェリーロードも好きだけど。

加賀から峠を越えて西川津に下る。今日は松江東高校、刑務所脇の道から中海大橋に向かう。松江市街地に出るより近道だけどけっこうアップダウンがあり市街地周りのほうが楽だった。このところ近道で失敗することが多い、中海大橋を渡り東松江から帰る。

チェリーロード、桜と日本海コントラストは一見の価値あり。でも平日でないと車多いかな、道幅狭いのですれ違いは気を使いそう。自転車かがんばって歩くのもいいかも。

桜とチューリップはやっぱり伯太 2020/4/4

自宅⇒伯太川土手⇒チューリップ畑⇒(県道9号)⇒奥田原⇒(県道258号)⇒東比田⇒(国道432号)⇒西谷⇒奥田原⇒(県道45号)⇒三日月公園⇒(県道9号)⇒自宅 76k、獲得標高773m

4月の恒例サイクリング、伯太川の桜と伯太のチューリップを見に行く。天気はいいけど風が冷たい。しかも風が舞って追い風、向かい風、横風と目まぐるしく変わる。

伯太川の桜はサイクリングで花見するには安来で一番だ。満開の桜の中をのんびり走れるしけっこう桜並木が長い。菜の花の向こうに桜並木が見える所もある。お花見自粛で今日は3人しか会わなかった。

f:id:atsushikame:20200412113940j:plain

伯太庁舎前のチューリップ畑に。チューリップ祭りは新型コロナウイルス感染防止のため中止になったけど、色とりどりのチューリップが咲き誇っている。写真を撮る人、チューリップを買う人で賑わっている。チューリップ買いたいけど自転車なので買えず。

f:id:atsushikame:20200412114017j:plain

県道45号で草野まで上る。途中の集落には必ず桜が咲いている。まるで入口の灯篭のようだ。農作業も始まっている。田んぼではカエルが鳴き、ウグイスや野鳥がさえずる。県道45号はもう春を満開だ。

草野で休憩し縄久利峠に向かう。草野からの上りはきつい。200mほどの標高を短いアプローチで一気に上る。脚をいっぱい使う。峠を下り東比田から国道432号に向かう。途中でイエローバスのバス停で休憩する。このバス停のあらえっさくんは数あるバス停の絵の中でも大好きな絵のひとつだ。

f:id:atsushikame:20200412114058j:plain

f:id:atsushikame:20200412114159j:plain

東比田バス停のあらえっさくん
国道432号を下り左折して西谷から奥田原に向かう。奥田原への峠が最後の上り、残り少ない脚でよたよた上る。奥田原に下り県道9号で広瀬に向かう。

f:id:atsushikame:20200412114239j:plain

途中で見た桜と赤い花、赤い花はなんだろう
途中観音さん地蔵さんにお参りして広瀬の三日月公園で独り花見して帰る。本日76k、獲得標高773mなり。

f:id:atsushikame:20200412114313j:plain

昨年は桜の開花が遅くてチューリップ祭りの時は5分咲きだった。でも今年は満開、風に花びらが舞う中をサイクリングするのは実に気持ちがいい。花見は自粛だけど、サイクリングは3密じゃなく1人で外で人と近づかないので許してもらおう。

伯備線各駅巡り新見から倉敷 2020/03/20

輪行新見駅⇒(国道180号線)⇒石蟹駅井倉駅方谷駅備中川面駅木野山駅備中高梁駅美袋駅日羽駅豪渓駅総社駅⇒(国道486号線)⇒清音駅⇒(県道24号線)⇒倉敷駅 82k

伯備線各駅巡りの3回目、昨年5月に上石見駅から伯耆大山駅まで、10月に新見駅から生山駅まで、そして今回新見駅から倉敷駅まで走って伯耆大山駅から倉敷駅までつながった。

やくもで新見駅まで輪行しスタートは9時。早いスタートはサイクリングに余裕を与える。新見市は牛、でも新見牛が食べられるお店がどこにあるのかよくわからない。

石蟹駅 ”いしが”と読む、”に”はつかない。石蟹ワタリガニのことで海の蟹。それが中国山地伯備線の駅名になってるのが面白い。

井倉駅 石灰岩の採掘場に囲まれた駅で周辺は石灰岩で白くなってる。井倉洞の窓口の駅。

f:id:atsushikame:20200328093420j:plain

井倉駅の先の国道沿いに咲いてた桜

方谷駅 幕末から明治に活躍した備中松山藩山田方谷に由来した駅名。駅名に人名がつくのはとても珍しいそうだ。山の分校のような趣ある木造の駅舎で登録有形文化財に指定されている。

f:id:atsushikame:20200328093503j:plain

備中川面駅 方谷駅とは一変して三角屋根コンクリート造りの味気ない駅舎。

木野山駅 備中川面駅と瓜二つの駅舎。駅の背後には段々に家が建っている、上り下りが大変そうだ。

備中高梁駅 建替えられた新しい駅。図書館は蔦屋、スタバもある。駅前ロータリーには伯備線開通の歴史がパネル展示されている。ここが今回の中間点、このところ後半脚が急速になくなるので大休止する。ここからICOCAが使える。

f:id:atsushikame:20200328093535j:plain

備中広瀬駅 国道沿いにあるのに国道から行けない駅。

美袋駅 ”みなぎ”と読む。石蟹についで読めない駅名。方谷駅と同じ木造の古い駅舎。

f:id:atsushikame:20200328093601j:plain

日羽駅 トンネルとトンネルの間にある高架のホームだけの駅。待合室に自動券売機とICOCA用の自動改札機が設置されてるのがシュールだ。

f:id:atsushikame:20200328093634j:plain

日羽駅の上りホームにある自動券売機と自動改札機、下りホームは自動改札機だけ

豪渓駅 備中川面木野山、と同じ造りの駅舎。3兄弟だ。おじさんに話しかけられ輪行の仕方を説明する。

総社駅 駅舎は神社に似ている。伯備線、桃太郎線、井原線の3路線が乗り入れ。

総社駅から国道486号線で清音駅清音駅からは県道24号線で倉敷駅に向かう。この国道、県道がひどい道だった。路側がほぼなくうねっていて砂利が浮いている。しかも交通量多い。さらにこれまで追い風だったのが強い向かい風に変わった。迂回することもできずひたすら耐えるサイクリングになる。自転車で走る道じゃなかった。

清音駅 住宅街にある普通の駅でここまでの駅舎とは明らかに作りが異なりいかにも住宅街にある駅舎。

倉敷駅 いつもは通過する駅。駅近くの踏切が開かずの踏切でこれだけ路線が乗り入れてればラッシュ時は大変だろうな。駅前がこんなににぎやかだとは思わなかった。

帰りのやくもまで1時間あったので、倉敷名物ぶっかけうどん食べ美観地区をちょっと見て帰る。本日82k。

晴天、ほぼ下り、追い風と絶好のコンディション。最後すこし辛かったけど脚も問題なく総社駅までは楽しく駅巡りできた。方谷駅美袋駅日羽駅は印象的で一見の価値あり。

芸備線 小奴可から備後落合 2020/02/23

車⇒備後落合駅⇒(国道314号線)⇒道後山駅⇒(国道314号線)⇒小奴可駅備後落合駅⇒車 距離16k

前回小奴可駅で終わった芸備線の各駅巡り。今回小奴可駅から備後落合駅まで2駅を走る。小奴可駅まで輪行で行くことは困難なので備後落合駅まで車で行く。備後落合駅からスタート寒い。道路の温度標識は3℃、シューズカバーしても足先は冷たく着込んで走る。

f:id:atsushikame:20200223080106j:plain

国道314号線で道後山駅に向かう。いきなりの上り、しかも小雪がちらほら。前回も暖かくなる予報だったが中国山地の山里は甘くなかった。寒くて体がかたい、膝、腰を痛めないようゆっくり走る。

道後山駅、国道から脇に入ってすぐの木造の小さな駅舎、ここは秘境駅として有名らしいが秘境感は内名駅のほうがある。

f:id:atsushikame:20200223083448j:plain

f:id:atsushikame:20200223083618j:plain


f:id:atsushikame:20200223083621j:plain
ホームは開けていて秘境感はあまりない
国道314号線に戻り一気に下り小奴可駅に。これで備中神代駅備後落合駅の各駅巡りは終了した。

f:id:atsushikame:20200223085156j:plain

小奴可駅から備後落合駅に戻る途中の峠が分水嶺高梁川水系江の川水系に別れる。ここから県道に入ると道後山駅道後山駅分水嶺の駅になる。備後落合から島根に向かう木次線三井野原駅分水嶺の駅、近くに分水嶺の駅が2つあるのは珍しいのだろうか。

f:id:atsushikame:20200223091144j:plain

峠から下って備後落合駅に、本日終了距離16kなり。車で往復150k、サイクリング16kはドライブだ。

芸備線は4月から7月末まで備後落合間1便、東城駅間2便増便される。うまく新見駅から輪行して備後落合の先を走れるか。

芸備線 備中神代から小奴可まで 2020/02/15

輪行備中神代駅⇒(国道182号線)⇒坂根駅市岡駅矢神駅野馳駅東城駅⇒(国道314号線)⇒(県道450号線)⇒備後八幡駅内名駅小奴可駅輪行 距離47K獲得標高680m

今年初めての輪行サイクリングは芸備線各駅巡り。備中神代駅から備後落合駅まで走る予定だったが時間切れで小奴可駅までになった。

国道182号線を西に向かう。天気予報では晴れて暖かくなるはずなんだけど霧がかかり曇り空、気温は4度度で寒い。

f:id:atsushikame:20200222095838j:plain

坂根駅。新しい温室のような駅舎。駅が見つけにくい。ここからキョリ測で駅間の距離を計って走る。

f:id:atsushikame:20200222095924j:plain

市岡駅。大きな木造駅舎、ここは国道沿いですぐに見つかった。

f:id:atsushikame:20200222100041j:plain

矢神駅。古い小さな駅舎、国道から市街地入らず駅を過ぎてしまい遠回りした。

f:id:atsushikame:20200222100123j:plain

「道の駅鯉が窪」に立ち寄る。休日だけど人がいない。

f:id:atsushikame:20200222100303j:plain

野馳(のち)駅、矢神駅同様に古い木造駅舎、ローカル線によくある駅。

f:id:atsushikame:20200222100410j:plain

県境、グランボアをSTIに変更、フロントはWレバーのまま。

f:id:atsushikame:20200222100453j:plain

東城駅岡山県広島県の県境を越えて下ると東城駅、意外に小さい。窓口も閉まって駅前も閑散で人気がない。

f:id:atsushikame:20200222100529j:plain

備後八幡駅。国道314号線から側道に入るも道がわからない。Gマップで道を確認しながらようやく見つけた。ここはわかりにくい、Gマップが使えて本当に助かった。ようやく太陽がのぞいて暖かくなる。

f:id:atsushikame:20200222100614j:plain

f:id:atsushikame:20200222100645j:plain

内名駅備後八幡駅から県道450号線で峠越えし八雲神社前に駅への標識が出てる。県道から400mほど離れたところにある。ここは秘境駅だ、周囲に民家が2軒と八雲神社だけ。待合室に缶バッチのお土産が置いてあった。もらったけど帰りの列車で鉄ちゃんにあげる。ここで残り1時間、もう時間がない先を急ぐ。

f:id:atsushikame:20200222100730j:plain

この川の向こうに内名駅があるとは思えない。

f:id:atsushikame:20200222100809j:plain

f:id:atsushikame:20200222100844j:plain
子奴可(おぬか)駅。内名駅から小奴可駅までは県道だと3kほど遠回りになる。なので峠を越えて国道314号線に向かうがこれが誤算、アップダウンきつく上りは押しになった。近道のはずが脚にとっては遠回りになった。国道314号線に出て峠を越えてようやく小奴可駅に着く。ここで時間切れになり本日終了、47k獲得標高680m。よほど疲れた顔してたのか駅のおばさんにバナナもらう、美味しいかった。 

東城駅からがとても大変だった。道は想像以上に厳しく脚もなかった。備中神代スタートが1時間遅かったな。小奴可駅から道後山駅備後落合駅までが宿題で残った。新見までの輪行、ワンマン列車の乗客は鉄ちゃんだけ7人。途中で地元の人が2人乗ってきた。備中神代から備後落合間は一日4本しか走っていない。廃線になるのもそう遠くないのかもしれない。