島根の道を走ります

島根の道を走るおじさんのサイクリング記 鳥取も走ります

2月、走れるときは走らないと 冬の鷹入りの滝 2018/02/18

晴天、今日は伯太から赤屋をへて上小竹の鷹入の滝に行く。山に向かっても、雪はもう大丈夫だろう。いつものように白鳥ロードで大塚に向かう。能義平野から望む冠雪を戴いた大山が美しい。白鳥ロードを進むにつれて、徐々にその美しい姿を山並みの向こうに隠していく。

f:id:atsushikame:20180219081545j:plain

能義平野から望む冠雪の大山、美しい
汗をかいたので、伯太でフリースを脱ぐ。冬はこまめに脱ぎ着して寒さを調節しないと体が冷えて動かなくなる。井尻から日陰は雪が残っているが、だいぶ融けたようでそれほど多くない。
赤屋から滝に向かう。この辺ではだいぶ寒さを感じるが、上りで汗をかいた。お腹がすいてカロリーメイトで補給、汗をかいて濡れたシャツを脱ぐ。
滝の駐車場は積雪が30センチほど。MTBシューズではとても滝まで行けない。それでも雪に埋もれた滝の看板と、自転車を一緒に写真に納めたくて、自転車担いで滝の看板まで行って写真を撮る。サイクリストはどうしても景色と自転車を一緒に写真に納めたい。

f:id:atsushikame:20180219081639j:plain

雪の鷹入の滝の看板
滝から下って、上小竹のイエローバスのバス停で下りの寒さに備えて着込む。このバス停1日に3便ぐらいしかないけれど、新しくてパネルのアラエッサくんのイラストがシュールだ。

f:id:atsushikame:20180219081732j:plain

上小竹のバス停
下りは寒い、しかも向かい風で北風、日が陰ってきた。手袋1枚では指先がかじかむ。中にもう1枚薄い手袋が必要だった。この下りでパンクしたら悲惨なことになる。パンクを避けるべく少しセンター寄りを走る。
宇賀荘の白鳥の越冬地に行寄る。白鳥の数が少ない、もう北帰行したのかと思ったら近くの田んぼでお食事中だった。白鳥ロードから帰宅、本日58キロなり。

f:id:atsushikame:20180219081840j:plain

お食事中の白鳥
雪融け道を走ると自転車がすごく汚れる。乗るつど掃除しないといけない。冬の島根は泥除けのついた自転車じゃないととても走る気がしない。
今日はbrytonRider10をつけて走った。専用アプリにアップロードすると、走った経路、時間、距離、獲得標高などの走行データが記録される。これをシェアすることもできるようだが、そこまでしなくてもサイクリングの記録として残しておけばいい。それにしてもこのサイクルコンピュータが1万円以下で買える、ITの進化には驚くばかりだ。オススメの一品だ。