島根の道を走ります

島根の道を全部自転車で走りたいおじさんのサイクリング記

嫁来い観音 婿来い地蔵 2017/09/19

県道45号、山佐と奥田原の中間に、「嫁来い観音 婿来い地蔵」がある。安来市観光協会のHPによれば、嫁婿募集が成就する「幸縁」スポット。「観音様にお祈りするとお嫁さんが、お地蔵様にお参りするとお婿さんがやって来る」そうだ。

今回はレベルで。天気はさわやかな秋晴れ、少し暑い。田んぼの稲刈りは、大方済んでいる。県道45号を広瀬から山佐に、さらに奥田原に向かう途中に嫁来い観音 婿来い地蔵が。

f:id:atsushikame:20170922092142j:plain


ここには荒神の名水もある。いつもここでボトルの水を入れ替えて走っている。雨が降った後なので水量が多い。ありがたく名水をいただく。

ここから3Kほど上ると雲南市との市境に。ここまで28K、標高は380m。おじさんのトレーニングにはちょうどいい距離と標高だ。しかも県道45号は交通量少なく、トンネルがない。実に走りやすい道だ。

奥田原の藤原商店で観音様、お地蔵様の手形を購入し、帰りにあらためてお参りして帰る。本日58Kなり。

今回初めて「bryton Rider10」を使った。GPS機能を利用して、速度、走行距離、走行時間、平均速度、高度、勾配なんかを表示するサイクルコンピュータだ。計測した記録はスマホからアップしてクラウドに保存できる。キャットアイのサイコンと並行して使ったら、速度、高度(カシオプロトレックと比較)はほぼ同じ、走行距離は1%ほど短かった。これほどの機能をもったサイコンが1万円以下で購入できる。いい時代になったもんだ。