島根の道を走ります

島根県の道を全部自転車で走りたいおじさんのサイクリング記

国道9号線① 安来から大田 2017/05/29

f:id:atsushikame:20170531103022j:plain

鳥取県との県境陰田交差点

 

島根県の国道を全部走りたい。
手始めに国道9号線鳥取県の県境から西に向かって走ることにした。

まずは県境陰田交差点から安来方面に。米子西インターから東松江インターまで山陰道が有料区間なので、降りて9号線走るトラックが多い。交通量が多いので歩道が広い箇所は歩道を、そうでないところは路側を走る。砂利が多くスリップしやすいので注意が必要だ。

9号線は道幅が拡張され整備されてる区間と古いままの区間が交互に現れる。東松江や松江市の市街地は幅が広く比較的走りやすい。松江のローソンで休憩。

松江からは右手に宍道湖が見える。玉造温泉までは道も歩道も広く走りやすいが、そこから先はまた古い国道、狭い歩道や路側を走る。宍道駅は端風が停車するので駅舎がきれいになっていた。山陰本線の端風停車駅はどこも新しく整備されてるようだ。道の駅湯の川で休憩する。湯の川温泉は日本三大美人の湯だそうだ。

湯の川から出雲市への入り口までは古い9号線。出雲市街地の入り口で9号線は出雲バイパスに。バイパスは二車線の広い道、歩道には自転車レーンもある。でも歩道はアスファルトじゃなく砂状の舗装で滑りそう。ロードサイドはチェーン店の大型店舗が並んでいる。向かい風が強くなりスピードが出ない。

神戸川越えるとまた古い9号線、出雲からはトラック増える。神西湖をすぎ小さなアップダウンを越えると道の駅キララ多岐に。ここで休憩、やっと日本海見えた。キララ多岐は大きな道の駅、ビーチやコテージもある。平日でもお客さん多かった。

キララ多岐からは日本海沿を走る。海岸線特有のアップダウンを繰り返し、向かい風の中ゆっくり走る。田儀から内陸に入り日本海とはお別れ、波根までは上り、下って少し走ると大田市駅に到着。本日ここまで、95Kなり。

9号線はサイクリングには不向きな道、酷道だ。走って楽しくない区間が多い。できれば途中輪行するか、脇道があればそちらを走った方がいい。「島根の国道を全部走りたい」ためには楽しさが少し犠牲になるのは仕方がない。
大田市から先、山口県との県境の津和野町野坂峠までは150Kぐらいで1泊2日コースになる。ちゃんと計画しないと。

  

f:id:atsushikame:20170531103104j:plain

本日の終点大田市駅のらとちゃん