読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根の道を走ります

島根県の道を全部自転車で走りたいおじさん

2016/05/28 安能農道その2

安能農道を吉田から伯太に向けて走る。それなりにアップダウンある。伯太から南部町。米子に出て山陰道近くからまた伯太、能義を経て帰る。農道の標識4枚撮れた。まだ脇道もたくさんある。

広瀬、伯太、能義を繋げるといいコースになるよ。これからもっと走って色々な道をつなげていこうか。

f:id:atsushikame:20161227124918j:plain

2016/5/14 安能農道その1


島田→能義→吉田→広瀬→赤江 43K


山陰道の側道を島田まで走り、清水から広瀬に向かい、途中で宇波に向かう。


途中吉田で大規模農道「安能広域農道」の看板が。すぐに農道に入る。すぐに「安能トンネル」1Kある立派なトンネル。抜けると広瀬まで下り、急坂を上って富田山荘へ。初めて来た。道の駅広瀬で休み、飯梨川沿いを赤江まで。


新しい農道あり、初めての道ありで安来の道は奥深い。f:id:atsushikame:20161227124320j:plain


2016/5/15 駒返トンネル 

f:id:atsushikame:20161227123808j:plain

広瀬→八雲→東出雲 43K

天気いい。どこを走ろうか思案の末FOCUSのギア(最大34×27)でどこまで山を走れるか試すことに。なにせおやじはギアが大きくないと山は走れない。


広瀬から松江に抜ける432号で駒返トンネルまで。越えて松江側に小さな道か"。広瀬方向に戻ると山佐への道が。下りは八雲方面に。悩んだ挙句八雲方面の小道を下る。途中でさらに峠を越えて秋吉へ。全く知らない集落、バス停もある。


八雲から西岩坂農道を経て東出雲から帰る。知らない道をGoogle マップを頼りに走るのは楽しいよ。34×27のギアでも距離が短かければ何とか走れる。でも、シンドイな。


2016/5/8 伯太から奥出雲 


広瀬→伯太→奥出雲→広瀬 80K


広瀬の道の駅富田城に車をデポしてスタート。

伯太川を上流に向かう。赤屋から上十年畑を経て峠を越えて阿毘縁(あびれ)へ。峠はなかなかの勾配で新緑のトンネル。越えても阿毘縁(あびれ)側はまだ上る。だまし峠だ。


阿毘縁(あびれ)は高原、ほぼフラットな道。大原で休憩、バス停の看板がかわいい。峠を越えると奥出雲町、横田駅までのダウンヒル。車も来ないしスピードも出せるが、おやじは運動視力が落ちてるので慎重に走る。新しい遠近メガネは下から覗く自転車スタイルには不向きだ。


横田駅で休憩。ここまで自転車は伯太ですれ違ったデローザのみ。横田から林道を経て国道432号に入り亀嵩に。道の駅酒蔵奥出雲に寄る。地酒飲みたいががまん。ここから安来市の市境まではだらだら上り坂、あっというまに峠を越えて広瀬まで一気に下る。向かい風で、下りも踏んで道の駅に戻る。


夢ランドしらさぎで汗を流して帰る。車と自転車と温泉はいい組み合わせ、酒があればなおいいがそれはダメ。

f:id:atsushikame:20161227123259j:plain

2016/01/11 農道ラン 


ウォーキングに出たら西の空が明るく晴れている。なので、急遽自転車に変更する。安来市内の農道を探して走ってみた。


裏の農道を走り、飯梨川の河口まで行ってからに清水寺に行く。参道下に自転置いてお参り。小銭なく賽銭も投げずにお参りのみ。次は雲樹寺。どこが入口かわからずうろうろする。


伯太川を渡り広瀬に向かうとすぐに沢山の自鳥が。田んぼで落ち穂ついばんでるの、水をはった田で羽を休めているのも。結構たくさんいる。白鳥といえば子供のころは中海に飛来するものだったが今は違うのか。


写真撮って広瀬に向かうと農道の標識が。名称を忘れたけど5つ標職見つけた。どこからどこまでが標識の農道なのかわからないけど狭い範囲に随分とたくさんあるもんだ。


農道の標識集めようか。

f:id:atsushikame:20161227082925j:plain


206/01/03 初詣ラン

 

熊野大社→八重垣神社→武内神社   

初詣でラン。予報より暖かくないが晴れてきたので10時頃家を出る。熊野大社まではいつものコース。農道は路面が濡れていて、下りはアスファルトに水切りが切ってあるので、落車しないよう慎重に下る。

20K程で熊野大社に。さすがに人出が多く、お参りに行列が。屋台も多数出ていて、賑わっている。お参りしてから次は八重垣神社に向かう。追い風に調子こいてガンガン踏んでいく。八重垣神社は狭い境内に一杯の参拝客。お参りの行列は境内の外から駐車場まで続いてる。お参りはあきらめ境内をぐるりとまわって帰る。次に武内神社に。子供の頃は夏休みの最後の日が縁日で、とても盛大だった。初詣でで来たのは初めて。参道の石段はなかなか趣きがある。ここで初詣では終了。

旧国道を通って揖屋から自宅へ。揖屋で脚が売り切れゆっくり走る。久しぶりなのと、調子こいたつけだ。

f:id:atsushikame:20161226211154j:plain