島根の道を走ります もちろん鳥取も

島根の道を走るおじさんのサイクリング記 鳥取も走ります

奥出雲おろちループから林道小峠線 2019/11/02

奥出雲町サイクリングターミナル⇒(県道270号線)⇒八川⇒(国道314号線)⇒おろちループ⇒三井野原駅⇒(林道小峠線)⇒小峠⇒大馬木⇒(県道25号線)⇒奥出雲町サイクリングターミナル 距離43k、獲得標高680m

奥出雲町サイクリングターミナルをスタートしまずは八川に向かう。気温は6℃、寒い。いきなり上り、でも体が温まるからありがたい上りだなんて思ってたがけっこう勾配はきつい。絲原記念館をすぎ大谷峠まで上り、下って八川から国道314号線に入る。八川小学校の大銀杏が見事に色づいていた。

f:id:atsushikame:20191104101709j:plain

小学校だから観光スポットにならないが見事な大銀杏だ

おろちループに向かって淡々と上る。出雲坂根駅で小休止、3連休初日で延命水を汲みに来てる人が多い。坂根トンネルを出たところから見返ると青空に赤いループ橋が映えて美しい。紅葉もちょっぴり。道の駅奥出雲おろちループの駐車場にもたくさんの車、ちょっとびっくり。

f:id:atsushikame:20191104101745j:plain

このアングルから見るおろちループが好きだ

三井野原駅で休憩し駅前の道をスキー場方面に向かう。スキー場をすぎると林道小峠線の入り口。国道からは入れないのでちょっとわかりにくい。

f:id:atsushikame:20191104101822j:plain

道は荒れてないし広いけど路肩は危ない
ここから小峠まではすぐ。小峠の標高は778mで三井野原駅より高い。これまで島根を走ったなかでは同じ奥出雲町の俵原越に次いで2番目に高かった。

f:id:atsushikame:20191104101900j:plain

風情のある小峠、でも峠を示すものは何もない
小峠からは急な下り、大馬木に下る。大馬木から県道25号線で奥出雲町サイクリングターミナルに戻る、本日終了。

秋晴れ、朝は寒かったけどだんだん暖かくなり、風もなく絶好のサイクリング日和。サイクリングターミナルの舞茸焼肉定食、仁多米の新米をお腹一杯食べた。美味しかった、これぞ秋の味覚。

倉吉から人形峠、辰己峠 2019/10/28

輪行倉吉駅⇒(国道179号線)⇒三朝町⇒穴鴨⇒人形峠⇒(国道482号線)⇒辰己峠⇒佐治町用瀬町⇒(国道53号線)⇒鳥取 距離84k、獲得標高1100m

鳥取県岡山県の県境の人形峠、辰己峠と2つの峠を越える。きついコースが予想されるので時間に余裕もたせるため朝一番のまつかぜで倉吉へ。まつかぜは通勤特急らしく通勤、通学の乗客が多い。今日はグランボア、泥除け外してきたので倉吉駅スタートは8時。

国道179号線で三朝へ、ここから緩い上りが始まる。車が少なく走りやすい。穴鴨で左折して人形峠の上りが始まる。なぜか勾配標識が多い。勾配にあまり変化なく5~7%ぐらいかな、直線的に上っていく。

f:id:atsushikame:20191103124631j:plain

人形峠へは虹の道、名前の由来はなんだろうか

人形トンネル手前で側道に入る。側道は川のせせらぎ、枯葉の落ちるカサカサという音しかしない静かな上り。ここまで28Kずっと上り、勾配もきつく脚も一杯になったので峠の手前から押しになった。峠の碑をすぎて少し上って峠のピークに着く。峠にはかがくの森プラザがある。入場料無料なので見学してから大休止。

f:id:atsushikame:20191103124743j:plain

人形峠に碑、ピークはもう少し上る 人形峠の由来はかがくの森プラザに説明があった

人形峠から下って鏡野町で左折し国道482号線を辰己峠に向かう。淡々と上り恩原湖すぎて一旦ピーク、ピークから急こう配を少し下って上り返すと辰己峠。なんかあっさり着いた。

f:id:atsushikame:20191103124906j:plain

辰己峠手前のピーク、急勾配の標識初めて見たかも

f:id:atsushikame:20191103124951j:plain

辰己峠から鳥取県側は展望が開けてる
辰己峠からは10%の下り勾配、慎重に下る。途中の展望台から山並みを見るも紅葉はいまいち。

f:id:atsushikame:20191103125028j:plain

下り途中の展望台
佐治川ダムまでの4kで350mほど下る。

f:id:atsushikame:20191103125110j:plain

佐治川ダムで少し色づいている
佐治川ダムから勾配は緩やかになり楽しい下り、しかも車がほとんど走ってない。脚を溜めながら走る。佐治町をすぎ用瀬駅まで一気に下る。

f:id:atsushikame:20191103125148j:plain

用瀬駅から輪行しようと思ったら次の列車は2時間待ち、時刻表に鳥取まで走れと言われたようだ。国道53号線で鳥取に向かう。いい具合の追い風に背中押され売り切れた脚もくるくる回る。1時間ほどで鳥取駅に着く。帰りのとっとりライナーは混んでた、座れてよかった。

700mの峠2つ越えるコースはなかなか手ごわかった。用瀬までなら30k上り30k下りでちょうどよかったんだけど因美線甘くみてた。用瀬から鳥取までが向かい風だったらきつかったろうな、運が良かった。




鏡ヶ成へ 地蔵峠、新小屋峠、見返峠 2019/10/14

輪行浦安駅⇒(県道44号線)⇒地蔵峠⇒(県道45号線)⇒新小屋峠⇒鏡ヶ成⇒(県道114号線)⇒見返峠⇒鏡ヶ成⇒(県道45号線)⇒下蚊屋別れ⇒(大山広域農道)⇒下蚊屋⇒(国道482号線)⇒江府駅⇒輪行 距離49k、獲得標高1080m

大山鏡ヶ成の3つの峠に行く。いつも利用する鳥取行列車よりひとつ遅い列車に乗ったら米子駅乗換えに時間がかかり、しかも信号トラブルで遅れ浦安に10時過ぎに着いた。予定よりずいぶん遅れた。

浦安駅から県道44号線で地蔵峠へ。県道44号線はほぼ直線の緩やかな上り、足慣らしにはいい感じの道だ。地蔵峠は最初はきついがそれを過ぎると比較的緩やかになる。ここで小雨が降りだす。地蔵峠の展望台からは何も見えない。しかもこの先新小屋峠まではまだ上りで峠感全くない。

f:id:atsushikame:20191018100722j:plain

地蔵峠展望台、周囲はガスでなにも見えない

「いわなや」を過ぎると勾配がきつくなり10%標識が。休み休み上ると後ろからコルナゴに乗ったローディが元気よく追い抜いていく。うらやましい。

ようやく新小屋峠、貧脚はここで売り切れ寸前に。新小屋峠も江府町との境界標識があるだけ。でも下りが見通せるので峠に着いたなとは感じる。

f:id:atsushikame:20191018100759j:plain

新小屋峠、登山のグループが山を下りてきた
だいぶ寒くなったのでフリース2枚重ねで下る。依然小雨が降って路面が濡れ非常に滑りやすい状況、鏡ヶ成キャンプ場まで慎重に下る。

f:id:atsushikame:20191018100829j:plain

40数年ぶりの鏡ヶ成キャンプ場 天気悪いのに登山客多い

鏡ヶ成から県道114号線で見返峠へ。見返峠までは下り、ここも峠感全くなし。

f:id:atsushikame:20191018100919j:plain

見返峠は標識もないので地図を見ないと峠とわからない
すぐに鏡ヶ成キャンプ場まで上り返しガスの中県道45号線を下る。

f:id:atsushikame:20191018100952j:plain

ガスで見通しが悪い 後ろから車が来ると怖い

下蚊屋(さがりや と読む)別れで大山広域農道に入りサントリーの工場に行くも見学に1時間かかるとのこと、見学はあきらめ大山広域農道下る。この広域農道ほとんど直線で10%近い勾配、最後にちょっとだけカープがある。下蚊屋から国道482号線で江府駅まで下って本日終了。

f:id:atsushikame:20191018101022j:plain

江府駅 帰りの列車は1時間待ち 

予定より遅れるとよくないことが起こる。今日は雨だった。予報では降水確率20%でくもりから晴れになるはずだったのに。それでも小雨で済んだのは幸い、パンクでもしたら目も当てられない。今日は下りでブレーキ握りっぱなし、こんな時シマノのブレーキは本当に頼もしい。

明地峠から新見、伯備線各駅巡りその② 2019/10/09

新見駅からは伯備線各駅巡り。布原駅に向かうも県道8号線がわからない。布団干してたおばさんに尋ねてようやく県道8号線に。伯備線をくぐって川面峠まで上る。上るにつれ道は狭くなり杉木立に入っていく。さらに上ると道路工事の看板が。この先布原駅への道は自動車通行止め、2輪車と歩行者は通れるようだ。上りきって平坦な所になると道は分岐していて工事看板が。布原駅は左に下るようだ。

f:id:atsushikame:20191012110349j:plain

布原駅への分岐、左に下る
下ると途中で路肩が2か所崩落して復旧工事していた。100mほど下ると民家が一軒、その先に欄干のないコンクリート橋が、おじさんが川面を眺めてた。橋を渡るとようやく布原駅。後で知ったが布原駅秘境駅で有名なんだそうだ。

f:id:atsushikame:20191012110645j:plain

布原駅 伯備線は停車せず芸備線の列車だけ停車する
駅の周囲は川と山、民家は4件ほど。

f:id:atsushikame:20191012110813j:plain

f:id:atsushikame:20191012110851j:plain

布原駅の周辺は山と川
なんでこんなところに駅が、しかも時刻表は芸備線となってる。はてなはてなだ。JRの職員さんがいたので駅の由来を訊いたけど知らなかった。備中神代駅までの道を尋ねると下ってきた道を上り返して分岐を右に進むしかないらしい。ちょっとため息はいて今下った道を上り返す。

杉木立と落石の多い道を下り踏切を渡ると備中神代駅に着いた。駅舎が見えたときはあった、助かったと思わず口にした。備中神代駅からはちゃんとした県道8号線に。

f:id:atsushikame:20191012110931j:plain

備中神代駅布原駅はえらい違いだ

f:id:atsushikame:20191012111011j:plain

足立駅、ようやく特急やくもの車窓から見えるなじみの駅に来た。

 さらに県道8号線を上って新郷駅。ここも見なれた駅、布原駅から4駅巡るのにえらく時間がかかった。

f:id:atsushikame:20191012111136j:plain

新郷駅
谷田峠を越えれば鳥取県生山駅まで一気に下り本日終了。距離83k、獲得標高988mなり。

f:id:atsushikame:20191012111212j:plain

今日は輪行に手こずった

3か月ぶりの輪行サイクリング、ちょっとハードだったけど裏大山の景色を眺め、長く楽しい下りを楽しみ、秘境駅を訪ねと見どころ走りどころ満載でおなかいっぱいのコースだった。天気も良かったし。でも秋の気配をあまり感じなかった、秋が年々短くなって夏が長くなっている気がする。

 

明地峠から新見、伯備線各駅巡りその① 2019/10/09

輪行根雨駅⇒(国道180号線)⇒明地トンネル⇒(国道180号線)⇒新見駅⇒(県道8号線)⇒布原駅備中神代駅足立駅新郷駅⇒谷田峠⇒生山駅輪行 83K、獲得標高988m

3か月ぶりの輪行サイクリング。今日は泥除け付のグランボア、久しぶりの輪行で分解収納に手間取り、列車の発車ぎりぎりになった。日野高校の生徒さんたちで根雨駅は混雑、邪魔にならないよう最後に改札を出る。

根雨駅での組み立てにも手間取るがゆっくり正確に組み立てろと自分に言い聞かせる。組み立てして走り出すまでに30分以上かかった。

国道180号線で新見を目指す。緩い上りを進み門谷に入った所から勾配が厳しくなる。ここから明地峠への上りが始まり九十九折れの道をゆっくり上る。なんせ本格的な上りは3か月ぶり、脚も重い。しかも国道180号線は大型トラックがビュンビュン走ってる。路側が狭いので怖い。はみ出ないよう慎重に走る。

トンネル手前に明地峠展望台。今日は晴天、展望台から望む山並みとその向こうに見える裏大山が美しい。少し進むとまた展望台が、最初に言ってくれ2つあると、再び自転車を止め景色を眺める。ここからの眺望も美しい。ここは展望台2つで止まるべきだ。

f:id:atsushikame:20191012105425j:plain

最初の展望台、空の青さと山の緑のと雲の白さのコントラストが美しい

f:id:atsushikame:20191012105459j:plain

2つ目の展望台、眺望がちょっと違う

明地トンネルまで根雨から10kの上り。明地トンネルは狭い、暗い、長いの3拍子揃った怖いトンネル。しかも大型トラックが多いときてる。覚悟して走る。後ろからトラックが来る気配がしたら止まってやり過ごした。トンネルを抜けるとほっとため息、肩の力が抜けた。

f:id:atsushikame:20191012105534j:plain

明地トンネルの鳥取県側、怖いトンネルが始まる

ここからは楽しいダウンヒルが始まるがトラックには注意、はみ出ないようスピードを抑えて下る。千屋を過ぎ道路工事で止まり振り返るとそこには千屋ダムが、国道のすぐ近くにダムがあるのは初めてだ。

f:id:atsushikame:20191012105614j:plain

千屋ダム、国道からすぐ見える

いいかげん下りに飽きたなどと贅沢なこと考えていたら新見駅に着いた。

明地トンネルから約30kの下りだった。こんな長い下りは初めてかな、楽しい下りだった。新見から走ったらえらいことだ、そういえば明地トンネルを抜けたところでMTBのサイクリスト2人とすれ違った。あの2人上りにうんざりしたんじゃないかな。

f:id:atsushikame:20191012105649j:plain

 

Y'sRoad 新宿店本館、クロスバイク館、ウェア館 2019/09/16

初めてY'sRoad 新宿店本館、クロスバイク館、ウェア館に行った。3店舗は同じビルの中にある。

まずはY'sRoad 新宿店本館。完成車の展示台数に圧倒される。店内にズラリ完成車が並んでいる。スペシャライズド以外のおなじみのメーカーがそろい踏み。メーカー別に展示されていて2020年モデルもすでに入荷していた。少数だけどMTBや小径車も展示されている。ディスクロードに各種バックをつけたツーリングロードが新しくて目を引いた。パーツ在庫も豊富、目的のパーツを探すのに苦労しそうなほどだ。店舗の入り口に小さなブースがあって10名ほどのお客さんがロードの乗り方について講習を受けていた。ロードレーサーについてはありとあらゆるモノがそろってる感じだ、でももう少し一台一台の間隔が広いと見やすいのにな。

次はクロスバイク館。こちらも完成車の展示台数がすごい、メーカー別に展示されている。グラベルロードも展示されていた。グラベルロードはまだシマノのGRXの供給が少ないのか大半が105、TIAGRA、SORAで組まれている。最後にウェア館。こちらも豊富な在庫でほとんどのメーカーが揃ってる。ヘルメット、シューズの品揃え豊富だ。Y'sRoadはHPも充実している。最初にHPをじっくり見てある程度あたりをつけてから行った方がよかったかな。

次の日はずっとお世話になったサイクルステーションハヤシさんへ。e-BIKE、BESVのロードを試乗させてもらった。これは全く新しい自転車だ。このロードに乗ったらもう元のロードには戻れないだろうな。とにかく加速がすごい、このアシスト力だと変速しなくなる。デメリットは重量、でもそんなこと気にならないほどのメリットがある。次の自転車はe-BIKEに決まりだ。

猛暑と五十肩で走れなかった8月 2019/09/08

梅雨明けからいきなり連日猛暑日、ニュース、天気予報は外での活動は出来るだけ控えるよう繰り返している。そう、外で活動してはいけない、だからサイクリングに行ってはいけない。

しかも右肩の五十肩が再発。肩から二の腕にかけて痛くハンドルが握れない。猛暑で走れないからちょうどよかった。しっかり肩の治療して涼しくなったら走ろうと治療に通う。

台風10号が去ってようやく涼しくなり、肩の具合もだいぶ回復したので脚慣らしで定番コースを走ってみる。

8/24

宍道湖まで往復。フラットなコースで恐る恐る走る。肩の痛みはあるがハンドルは握れる、よかった、ちゃんと走れた。

f:id:atsushikame:20190908171904j:image

美術館の宍道湖側を走るのはちょっと恥ずかしい

8/25

観音さん地蔵さんまで往復する。上りでハンドル引いても、下りの振動でハンドル抑えても痛みはそれほどない。これで上りも下りも大丈夫かな。

f:id:atsushikame:20190908172040j:image

もう稲刈りが始まっていた 栗も道端に落ちてる

9/1

井尻から笹刈農道で宇波をまわる。右肩の痛みはそれほど意識しなくてもいい位になってきた。脚も徐々に仕上がってきた。

f:id:atsushikame:20190908172131j:image

9/7

観音さん地蔵さんから西谷を越える。痛みはほとんどない。これなら肩は大丈夫、輪行サイクリングにも行ける。

f:id:atsushikame:20190908174024j:image

まだ暑い、お水が冷たくて美味しい

年々秋が短くなってる気がするけど、9、10月は8月の分まで走りたい。けど脚がもつかな。