島根の道を走ります もちろん鳥取も

島根の道を走るおじさんのサイクリング記 鳥取も走ります

三日月公園から走る③ 西比田から奥出雲、日南をまわる 2017/07/14

三日月公園➡︎(国道432号)➡︎西比田、亀嵩➡︎(大仁広域農道)➡︎中村➡︎(県道107号、108号)➡︎阿昆緑➡︎(県道9号)➡︎草野、伯太➡︎三日月公園 距離80K、獲得標高850m
三日月公園から国道432号で布部、西比田、久比須峠越えて亀嵩に。土曜早朝の国道432号は車が少なく走りやすい。梅雨が明けたばかりの里山は、山も田も緑を競ってるかのようだ。里山の濃い緑と薄い緑のグラデーション、青い空、白い雲のコントラストが鮮やか、里山カラーだ。高田別れのコンビニで休憩、今日も暑い。
高田別れから大仁広域農道に入る。中村までは4K上って3Kの下り、大仁広域農道はどこを走っても上って下る平坦のない道だ。この区間は意外に車が多く路面もちょっと荒れてる。ホシザキ電機の工場を過ぎて県道107号との交差点を左折して日南方面に進み、県道108号で万才峠まで上る。この辺りの田んぼも稲がだいぶ伸びてきた。路面温度は30度超えている。斐乃上温泉入口から峠までの2Kがちょっときつい。
万才峠で上りは終わり、ここから井尻まで20K下る。阿昆緑から緩やかに下り県道9号に入り寺谷坂、寺谷坂から草野までの下りは急坂で狭い。下から車も上ってくるし、工事中の箇所もあって慎重に下る。草野で県道45号に入り井尻まで一気に下る。道が広くなり、車も少なく、緩やかな下りをトップギアで回す。へたれおじさんがツールドフランスに刺激されてかっこつけて走る。井尻からは平坦、三日月公園まで能義平野の田んぼを渡る風を受けのんびり走る。かっこつけて走ったツケでペダルが重い。
このコース、距離も獲得標高もそれなりにあり、補給も高田別れのコンビニと伯太のコンビニだけなので準備は怠りなく。

f:id:atsushikame:20180717090025p:plain

Rider10より

三日月公園から走る②奥田原、上久野から大仁広域農道へて亀嵩、西比田 2017/07/10

 三日月公園➡︎(県道45号)➡︎奥田原・上久野➡︎(大仁広域農道)➡︎亀嵩➡︎(国道432号)➡︎西比田➡︎三日月公園 距離60K、獲得標高740m
三日月公園から県道45号で山佐、奥田原へ。県道45号はいつ走っても気持ちいい。梅雨が明けて抜けるような青空、里山は緑が濃い。途中の嫁来い観音婿来い地蔵でおいしい水を補給する。今年は水量が多いので夏になってもおいしい水をいただくことができそうだ。奥田原から峠越えて上久野に下る。
上久野の県道45号と大仁広域農道の交差点で休憩。今日は暑い、路面温度は30℃超えてる。熱中症にならないよう日陰で体を冷やし、しっかり水分補給する。夏のサイクリングは暑さとの戦い、まだ涼しい朝早くから走り、昼過ぎには終わるのが理想。距離も短めにして、いつもより休憩をたくさんとって無理は絶対に禁物だ。
上久野から大仁広域農道に入る。ここから大仁トンネルまで5K上り、トンネルから亀嵩まで6K下る。しばらく上ると10%勾配の標識、平均すれば7〜8%ぐらいの勾配だろうか、トンネルまで脚を休めるところがない。相変わらずおじさんには手強い道だ。やっとトンネル、ここからの下りは上りのコピーかと思えるほど道の様子が似てる。国道432号との交差点、高田別れまで下る。

f:id:atsushikame:20180713160640j:plain

亀嵩といえばこの標識、大好きな交通標識だ 
交差点のコンビニで休憩。このコースでコンビニは高田別れのこの一軒だけ。ここからは国道432号を久比須峠を越えて西比田、布部と下り三日月公園に戻る。
このコースに平坦はない。上か下るかどちらか。メインは大仁広域農道の上り下り。県道45号の上りは脚ならしだし、国道432号の久比須峠からの下りは脚の疲れをとる癒しの下りだ。

f:id:atsushikame:20180713160906p:plain

キョリ測のコースマップ ピークは大仁トンネル

三日月公園から走る① 安能農道から中海サイクリングロード 2018/07/02

三日月公園➡︎(安能農道)➡︎伯太➡︎(県道108号)➡︎道の駅あらえっさ➡︎(中海サイクリングロード)➡︎荒島➡︎(県道180号)➡︎三日月公園   距離53K、獲得標高380m

三日月公園から布部方面に向かい国道432号から安能農道に入る。安能トンネルを抜けると県道257号、県道257号を上吉田まで下る。

吉田交流センターから再び安能農道に入り県道9号へ、県道9号を安来方面に戻り、信号右折して伯太庁舎の先を米子方面に進んで県道108号に。米子方面に進んで吉佐から道の駅あらえっさに。

道の駅あらえっさから中海サイクリングロードで荒島のローソンへ、ローソンから旧国道を進んで9号線の裏道を荒島八幡宮まで、八幡宮交差点から県道180号で三日月公園まで戻る。

上りは安能農道だけ、あとは平坦な道。途中コンビニもあり誰でも走れるやさしいコース。

f:id:atsushikame:20180705131215p:plain

Rider10のデータ おじさんの記録をご笑覧ください

広瀬三日月公園

広瀬の三日月公園はサイクリングの起点に最適な公園だ。
安来市内はもとより、日南町、奥出雲町、雲南市へと山方面へのアクセスもいい。適度なアップダウンのある里山コースが好きな“サイクリングするかめ”にはもってこいだ。島根は輪行で走れる地域が限られ輪行できなければ車で行くしかない。車で行く時は駐車できるコースの起点がなければ走れない。三日月公園はこの起点にもってこいだ。
三日月公園がいいのは、
① 駐車スペースが広い
② コンビニが近くにある(ローソン、ファミマ、他にもスーパーあり)
③ 温泉が近い(鷺の湯 夢ランドしらさぎ)
これだけの条件を備えた場所は珍しい。サイクリングの起点には理想的なロケーションだ。大いに利用させてもらいいろんなコースを走ってみることに。
 
 

奥大山から大山寺 2018/06/24

今年開山1300年の大山、初めて奥大山から大山寺まで走った。
江尾駅まで輪行、国道482号に。いきなりきゅっと一段上ってから両側に田んぼが広がる。ここから先標高915mの鍵掛峠まではずっと上り、軽いギアで踏み込まず淡々と走る。上りはまだゆるやか、まっすぐで先まで見通せる。
南大山観峰展望から県道315号に入り御机にむかう。南大山観峰展望は雑草に覆われ、南大山大橋も補修中で平日は通行止め、ちょっと残念。

f:id:atsushikame:20180627200340j:plain

南大山観峰展望
県道315号の途中では、左手にだんだん田んぼ越しに大山南壁が見える、緑の田んぼと屏風のような大山南壁の対比は絶景だ。

f:id:atsushikame:20180627195417j:plain

だんだん田んぼと大山南壁
写真撮ってたらロード3台に追い越される。休日なのにここまで車やバイクがほとんど走ってない、実に走りやすい。御机で県道45号大山環状道路にはいり鍵掛峠にむかう。この辺りから上りがきつくなり、車とバイクが増えた。

f:id:atsushikame:20180627195500j:plain

鍵掛峠への上り
エバーランド奥大山の木立の陰で休憩。日差しが強く暑いけど風は涼しく汗がすっと引いていく。今年初めて蝉しぐれを聞いた。鍵掛峠まではあと2K、木立の中は涼しいけど上りはきつい、歩くような速さで上っていく。鍵掛峠展望台から望む大山南壁は絶景だ。新緑と大山南壁のコントラストが美しい。秋の紅葉シーズンはさぞきれいなんだろう。

f:id:atsushikame:20180627195546j:plain

鍵掛峠展望台から見る大山南壁
鍵掛峠から下って桝水高原に。子供のころ何度か遠足や町内会で訪れた場所、スキー場はこんなに小さかったかな。

f:id:atsushikame:20180627195649j:plain

桝水高原
この辺りで脚はほぼ売り切れ、また歩くような速度でよたよた大山環状道路上りかえし、下って大山寺に。大山寺の大山情報館で休憩。さてこれからどうするか脚と相談、もう上るのはいいやと県道24号大山道で米子に下り、米子駅から輪行して帰る。本日47K、獲得標高930m。
大山の上りはやっぱり厳しかった。今日は上りが22K、おじさんの脚力では20Kからがんばっても30K走るのが精一杯だな。大山の上りコースは他にもあるので、脚力にあった距離でコース設定して走ってみたい。
 
 

山佐・奥田原から大東町、八雲町 2018/06/22

梅雨の晴れ間ならぬ晴れのあいだに雨が降る梅雨。県道45号、大仁広域農道、県道53号をつなげて走る。

県道53号で奥田原に向かう。途中山佐の「蹄の滝」に行く。前から看板が気になっていたが、寄るのは初めて。県道から1kほど奥まったところにある滝は、水量多く落差がありしんとした滝。里山から離れた山中にあれば、名の知れた滝になるのでは。やっぱり今年は滝のあたり年、サイクリング途中に滝があればできるだけ行かないと。

f:id:atsushikame:20180626100009j:plain

蹄の滝 

奥田原から上久野に下り「かみくの桃源郷」に寄る。キャンプ場、コテージ、釣堀、水遊びのできる渓流がある体験型施設。釣り堀の管理人さんは話好き、お茶をごちそうになる。

f:id:atsushikame:20180626100048j:plain

かみくの桃源郷

すこし下って右折して大仁広域農道で塩田方面に。大仁広域農道はいつも手ごわい、県道268号との交差点まで平坦はない、ずっと上ってピークからは交差点まで一気に下る。さらに子河内の県道53号交差点まで行く。交差点には自動販売機がたくさん設置された休憩所がある。ここで休憩する。

f:id:atsushikame:20180626100158j:plain

大仁広域農道のピーク 勾配はきつい

県道53号を八雲町方面へ。松江市との市境までゆるく上って、熊野大社まで下る。熊野大社で安全祈願、パンクの貧乏神と縁切りできるよう神頼み。熊野大社から国道9号に出て、出雲郷で旧国道に入り揖屋駅で休んでから帰る、本日73K、獲得標高785mなり。

距離も標高もそこそこ、大仁広域農道以外はのんびり走れるコースだ。

梅雨の晴れ間に 三瓶山周遊 2018/06/17

梅雨の晴れ間が続いてる。このチャンスを活かさない手はない、今日は初めて三瓶山の周辺を走る。

大田市駅まで輪行、9時スタート。帰りの電車は14時15分の快速アクティ、距離は50K弱、少し観光しても十分帰りの快速アクティに間に合いそうだ。

県道30号で三瓶山に向かう。野城で県道56号にはいり、ここから上りが始まる。そこそこ勾配のある上り、しばらくすると三瓶ダム、さらに上って三瓶小豆原埋没林公園に。ここで休憩かねて埋没林を見学する。

f:id:atsushikame:20180620161042j:plain

三瓶ダム

f:id:atsushikame:20180620161134j:plain

三瓶小豆原埋没林公園

埋没林は思ったよりずっと大きな木で、ほんの少し前まで三瓶山が活発に火山活動していたんだと感心する。公園から県道56号に戻る道は短いけどえらく急なのぼり、県道にはいっても上りは続く。道は直線的な上り、ずっと先まで見通せるのでちょっとめげる。しかもピークかと思ったらさらに上っていく。北三瓶口まで脚を休めるところがなかった。

f:id:atsushikame:20180620161220j:plain

北三瓶口からの三瓶山

北三瓶口から三瓶山高原道路にはいり三瓶自然館サヒメルに向かう。上りが続いて結構脚にきた、三瓶山を仰ぎ見る余裕がなく、路面をみつめながら淡々と上る。松林が見えてすこしなだらかになったところで三瓶自然館サヒメルに着いた。

f:id:atsushikame:20180620161321j:plain

休憩をかねてサヒメルを見学、冷えた館内が心地よい。向かいの三瓶バーガーにはバイクがたくさんだ。補給食じゃなく三瓶バーガー食べればよかった。東の原で県道40号に、志学交差点で県道30号にはいり西の原に。西の原にはたくさんの人が高原を散策している。

f:id:atsushikame:20180620161405j:plain

西の原

西の原からは下り、下りも上り同様に直線的でスピードがでる。”サイクリングするかめ”を自称するおじさんサイクリストにはちょっと怖いほどスピードが出る。慎重にブレーキングし、後続の自動車の迷惑にならないように下る。神経を使う下りだ。県道56号との合流から平坦になる。大田市駅まで戻って本日終了、48K、獲得標高750m。

快速アクティに間に合った。でもタオルがない、サヒメルに忘れたようだ。忘れ物注意だけど年齢的に物忘れは仕方ないかも。お祓いまだしてないけど今日はパンクしなかった、やれやれよかった。